埼玉県のインプラント・歯科ならインプラントセンター埼玉
HOME>医院便り

医院便り

医院便り ~2009年11月~
こんにちは、院長の須藤です。
冬もいよいよ本番!寒さが厳しい季節となってきました。
この時期はなかなか布団から出るのも気後れするもので、いっそ“冬眠”してしまいたい!と思ってしまいます(笑)。 

ところで、“冬眠する動物”といえば一般的に「クマ」を思い浮かべると思いますが、正確にいうとクマは“冬眠”しません。 実際に冬眠するのは、リス、ヤマネ、コウモリなどの「小型の哺乳動物」のようです。こういった小動物たちは冬眠中、体に蓄えた脂肪で体温を維持するため、気温と同じくらいまで体温を下げて脳や臓器の活動を抑えるそうです。 
一方、クマの場合、体温を下げるのは2~3℃程度といわれており、本当の意味で冬眠しているわけではないそうです。実際、冬場にエサを求めて山をさまようクマを目撃することもしばしばあるのだとか。 
なので、クマの場合は「冬ごもり」とか「巣ごもり」といったほうが適切なのかもしれませんね。

ところで人間はといえば、もちろん冬眠はしませんが、その代わり『巣ごもり』とも呼べるぐらい外に出るのが億劫になりがちです。 
よく『子供は風の子』と言われますが、実はそのあとに『大人は火の子』という言葉が続くのです(苦笑)。 実際、子供は大人よりも体温が高いので寒さに強いのかもしれませんが、冬遊びを楽しめるのは無邪気ともいえる“好奇心”からくるものではないでしょうか。 
いつも暖かい場所にいると寒さに弱くなってしまうといわれますので、皆様もぜひ!好奇心を持って“冬のお出かけ”を楽しんでみてはいかがでしょうか。 

院長 須藤宗彦


また少し早いですが、今年1年も、皆様には大変お世話になりました。
2010年も皆様にとって良いお年であります様、心よりお祈り申し上げます。 

年末年始休診日のお知らせ】
12月30日(水)~1月3日(日)となります。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。

投稿者 須藤歯科医院 (22:33) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :