埼玉県のインプラント・歯科ならインプラントセンター埼玉
HOME>医院便り

医院便り

   医院便り ~2010年6月~
こんにちは、副院長の須藤です。 
2010年ももう半分が過ぎようとし、ジメーッとした季節になってきましたね。
日本では高温多湿であまり好まれないこの季節ですが、日本の裏側の南アフリカでは、今年『サッカーワールドカップ』が開催されますので世界中が熱狂するこ とでしょう。 
今回の日本代表は、世界最速で4大会連続の4度目となるワールドカップ出場を決め、日本サッカーもワールドカップの出場権を手堅く手に入れるほどの実力を 持つようになってきました。

そんな「日本サッカー」ですが、かつてサッカー少年たちに大きな影響を与えた“アニメ”といえば、きっと『キャプテン翼』と答える人が多いのではないで しょうか? 
この『キャプテン翼』は“サッカーが大好きな主人公「大空翼」の活躍を描いた成長物語”でしたが、おそらく今の20~40代の方は、少年時代にとても影響 を受けたアニメのひとつだったのではないでしょうか(知らない方はごめんなさい)。 
実はこの『キャプテン翼』は日本だけでなく、世界各国でも人気のアニメであることはご存知でしたか? 特にイタリアでは『ホーリー&ベンジ』というタイト ルで放送されていて、現在イタリア代表として活躍しているほとんどの選手がこれを観て育ち、サッカーに情熱を注ぐようになったそうです。 例えば、イタリ アのスター選手「フランチェスコ・トッティ」や「アレッサンドロ・デルピエロ」も少年時代、『ホーリー&ベンジ』の大ファンであることを公言しています。  
その他にもフランスやブラジル、ドイツなどのサッカー強豪国でも放送され、現在活躍している各国のサッカー選手に大きな影響を与えたそうです。 
おそらく、この日本のアニメ『キャプテン翼』が世界中のサッカー少年に受け入れられた理由は、主人公の翼君の有名なセリフ『ボールは友達』に象徴されるよ うに、登場人物達が持つサッカーに対する情熱と愛情。それと、現実的には実現不可能とも言えるような「アクロバットな必殺シュート」が、万国共通で子ども たちに夢と憧れを抱かせたからではないかと思います。  
現在活躍している世界のスター選手達が少年時代、日本のアニメに影響を受けてサッカーを頑張っていたなんてとても嬉しいですね。 

今回は『キャプテン翼』のアニメを知らない人には少し退屈なお話になってしまいましたが、もし機会があればぜひご覧になってみて下さい。
副院長 須藤史成
投稿者 admin (19:56) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :