埼玉県のインプラント・歯科ならインプラントセンター埼玉
HOME>医院便り

医院便り

   医院便り ~2010年7月~
こんにちは、院長の須藤です。
7月、いよいよ梅雨も明けて「夏本番」となる季節ですが、いかがお過ごしですか? 
日中は暑い日も続きますが、夜になると夜風が涼しい時もありますね。 

こういった心地良い夜風は、暑い夏の中では特別なご褒美のようにも感じます。また、こういった夜風を浴びると、子どもの頃に『天体観測』に出かけたことを思い出します。 
幼い頃、夜中に出歩くことは少し冒険めいた気分で、ワクワクしながら天体観測に出かけたものです。 
夏の星として有名なのは、東の空に浮かぶ「夏の大三角形」や「北斗七星」、南の空でいうと「さそり座」、「いて座」でしょうか。いて座の中にある「南斗六星」は、西洋ではミルク・ディッパー(ミルクさじ)と呼ばれており、天を流れる“天の川のミルクをすくうスプーン”に例えられています。
また、星について語る時に外すことのできないのが『ハッブル宇宙望遠鏡』です。
この『ハッブル宇宙望遠鏡』とは、約600㎞上空を周回している大きな“宇宙望遠鏡”のことですが、この望遠鏡は、地球からは正確に観ることが不可能な星を観ることができるのです(それら星たちはものすごく美しいです)。 
実際、この望遠鏡によって様々な新しい惑星が発見され、天文学史に残る数々の貴重な写真も撮影されています。 
実はこの『ハッブル宇宙望遠鏡』は、2003年にNASAが予算の関係で「今後、修理は行わない」という方針を発表しましたが、これに多くの“反対署名”があったため、2006年に方針を転換して修理を行うことを決定したのです。それほど、この『ハッブル宇宙望遠鏡』から撮影された天体写真は多くの人に感動を与え、愛されていたのでしょう。撮影された天体写真は「インターネット」や「写真集」などで気軽に観ることができるので、ご興味ある方は一度ご覧になって下さい。その美しさにきっと驚きますよ! 

幼い頃、宇宙について考えると夜も眠れなくなったことはありませんか? 
でも、大人になって忙しい日々に追われると、そういったことを考える暇もなくなっていくものですね…。 だからこそ、ちょっとした合間を見つけ、ふと「夏の夜空」を眺めて“晴れた気持ちになる時間”も大切なのではないかと思いました。         
院長 須藤宗彦
投稿者 admin (11:51) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :