埼玉県のインプラント・歯科ならインプラントセンター埼玉
HOME>医院便り

医院便り

   医院便り ~2011年6月~
こんにちは、院長の須藤です。
2011年ももう6月。全国的に“「梅雨」の到来する季節”になりましたね。今月は特に祝日もなく、その上、降り続く雨、太陽を覆い隠す雲に少し憂うつになってしまうかもしれませんね…。

ところで、6月は旧暦で『水無月』と呼ばれています。たくさん雨が降る時期なのに「水が無い月」なんてちょっとおかしいと思いませんか?
実はこれには理由があって、“昔の6月”は“今の6月下旬~8月上旬頃”にあたるため、梅雨も上がり雨も少なくなって「水無月」になったのではないかという説があります。
また、もう一つの説として「水無月」の「無」は「の」にあたり、「水の月」ということで名付けられたのではないかという説もあります。いったいどっちが正しいのでしょう?(苦笑)

雨や水は私たちの命の基となる食物を育んでくれるものです。「恵みの雨」という言葉もあるように、四季がはっきり分かれている日本では、昔から“梅雨は次にやってくる夏に備えるための大切な期間”だったのではないでしょうか。 

また、“6月に結婚する花嫁は幸せになれる(ジューンブライド)”という西洋からの言い伝えもありますよね。これは日本でも浸透していますが、この由来は「ギリシャ神話」の中の結婚•出産を司り、家庭や子供の守護神である「ユノ(Juno)」の守っている月が6月だったため、“6月に結婚したカップルはユノのご加護を受ける事ができる”という言い伝えから来ているそうです。
それが日本にも伝わって、今では日本でも梅雨の時期にも関わらず結婚式を挙げるカップルが多いそうです。

さて、今月は天気が悪く憂うつな気分になってしまう日も多いかと思いますが、ぜひ、お気に入りの傘を持って、恵みの雨を逆に楽しむのもよいかもしれませんね! 

話は変わりますが、東北地方太平洋沖地震から約3ヶ月が経ちました。
被災地である東北地方を中心にまだまだ震災の爪痕が残る日本です。そして、まもなく“夏”がやってきますが、この夏の課題と言えば『節電』ですね。
今からしっかり心がけていきたいと思います。

院長 須藤宗彦

投稿者 admin (19:35) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :