埼玉県のインプラント・歯科ならインプラントセンター埼玉
HOME>医院便り

医院便り

   医院便り ~2011年11月~
こんにちは、院長の須藤です。
秋も深まり朝晩冷え込むようになってきましたね。11月は『霜月(しもつき)』とも呼ばれますが、そのほかにも「霜降月(しもふりづき)」「霜見月(しもみづき)」「雪待月(ゆきまちづき)」など多くの呼び名があるそうです。こうやってみると「雪」が使われている呼び名もあるので、刻一刻と本格的な冬が近づいてきている感じがしますね。

ところで、「食欲の秋になったら体重が増えてしまった…」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?また、来月は忘年会シーズン・大晦日と何かと食べる機会も増えますから、それまでに何とか体重を戻そうと焦っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 
ただ、むやみに体重だけ落とすことを考えずに、ぜひ“身長と体重のバランス”を考えてみられてはいかがでしょうか。

そのバランスを見る指数として「BMI指数」と呼ばれるものがあります。このBMIの計算式は『体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)』ですが、例えば身長170㎝、体重70kgの人の計算式は『70÷1.7÷1.7=24.22』、指数は“24.22”となります。
そして、この指数を照らし合わせて「18.5未満は痩せている」「18.5以上~25未満は普通」「25以上~30未満は太り気味」「30以上が肥満」となります(最も病気になりにくいとされている指数は“22”なんだそうです)。そのほかにも、ご自身の標準体重を表す計算式『身長(m)×身長(m)× 22 = 標準体重(kg)』もありますので、お時間があればぜひ一度、計算してみるのもよいでしょう。

美味しいものがたくさん出回る季節ですし、食が進むのは「健康の証」でもありますが、適正な体重の維持も大切です。 食べ物の美味しさを感じられるのは健康あってのことですから、その美味しさをずっと味わい続けるためにも「健康を意識した食事」を心がけていきたいものですね。

院長 須藤宗彦

投稿者 admin (16:39) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :