埼玉県のインプラント・歯科ならインプラントセンター埼玉
HOME>治療を受ける前に

治療を受ける前に

インプラント治療を受ける際の注意点
インプラント治療は、歯を失ってしまった部分に人工の歯根を埋入して治療を行います。
治療を行う前には必ずレントゲン写真による診断を行い、インプラントを埋入する部分の骨の幅や高さ、埋入するインプラントの長さや角度等を検討し、治療計画を立てる必要があります。

インプラント治療あごの骨幅や高さが不足している方でも最近では、足りない骨を補填するGBR法や上顎洞を挙上するオステオトーム法やサイナースリフト法という治療方法もあり、 インプラント治療を受けられる患者さんの層が広がってきております。
しかし、これらの骨補填法は専門の知識と熟練した経験が必要になりますので、治療を受ける前にじっくりと担当の歯科医と相談される事をお勧めします。
当医院では、インプラント治療を15年前から取り入れており、数少ない日本口腔インプラント学会の認定医でもありますので、幅広い層の患者さんに治療を提供する事ができます。

信頼できる歯科医を探す
当院には5年間保障などの安心システムがあります
インプラント治療は技術の発達により、多くの歯科医院で治療が行えるようになりました。最良の治療結果を得る為には、インプラント治療に限った話しではありませんが、治療は歯科医院と患者さんの二人三脚で継続的に行っていくものです。
ですから、「何でも安心して相談できる」信頼できる歯科医を探す事も大切です。

当医院では、自費治療を行った患者さんが定期的メンテナンスを受けられると、治療が5年間保証されるなどの安心システムがあります。治療後も安心して付き合える「患者さん参加型歯科医院」を目指し、様々なプランを御提供しています。