埼玉県のインプラント・歯科ならインプラントセンター埼玉
HOME>治療を受ける前に

| 治療を受ける前に |

インプラント治療を受ける際の注意点
インプラント治療は、歯を失ってしまった部分に人工の歯根を埋入して治療を行います。
治療を行う前には必ずレントゲン写真による診断を行い、インプラントを埋入する部分の骨の幅や高さ、埋入するインプラントの長さや角度等を検討し、治療計画を立てる必要があります。

インプラント治療あごの骨幅や高さが不足している方でも最近では、足りない骨を補填するGBR法や上顎洞を挙上するオステオトーム法やサイナースリフト法という治療方法もあり、 インプラント治療を受けられる患者さんの層が広がってきております。
しかし、これらの骨補填法は専門の知識と熟練した経験が必要になりますので、治療を受ける前にじっくりと担当の歯科医と相談される事をお勧めします。
当医院では、インプラント治療を15年前から取り入れており、数少ない日本口腔インプラント学会の認定医でもありますので、幅広い層の患者さんに治療を提供する事ができます。