埼玉県のインプラント・歯科ならインプラントセンター埼玉
HOME>クリニック紹介

| 患者さんの会-あいしくらぶ- |

あいしくらぶについて
治療してからが、本当のお付き合い 「あいしくらぶ」は皆様と当院スタッフが創り出す健康づくりのコミュニケーション広場です。
「あいしくらぶ」とは、須藤歯科医院の予防コースを受けられ、定期的にメンテナンスを受けていただく方の会で、現在の会員の方が2700名いらっしゃいます。今後、この「お口の健康」の喜びを生涯に渡って守っていくためには、継続的に専門家による「定期検診」を受けていただくことでより確かなものとなります。

そこで当院には治療を受けられた皆様に更にきめ細かい対応ができるようにと、健康で豊かな生涯を送るための口腔健康情報センターとして「あいしくらぶ」を設けています。

この会は、正しい口腔の健康管理に必要な情報の提供、及びそれに関する活動の実施を目的とします。
あいしくらぶあいしくらぶ


独自の予防システムを構築。患者会員2700名を超える
(平成21年12月21日発行の月間デンタルパワー抜粋)

さる11月15日、埼玉県戸田市の市民文化会館で、須藤歯科歯科医院主催の「あいしくらぶ」の集いが催された。
「あいしくらぶ」とは、須藤歯科医院が行っている予防システムに参加している患者さんの会員組織で、平成7年に発足したもの。現在の会員数は2,652名にのぼる。
第14回となる今回は160名を超える会員が参加。「食生活ジャーナリストの会」代表幹事の佐藤達夫先生を講師に迎えて「大人の食育~テレビの健康情報のウソホント~」をテーマに講演が行われたのち、懇親会をはさんで桂文楽師匠の落語に大いに盛り上がった。進行、運営はすべて会員の役員と同院のスタッフの手で行われ、日頃の診療だけでは持つことのできない患者さんとスタッフの交流を深める貴重な時間となった。「あいしくらぶ」発足に至る経緯から今日までの展開について、須藤宗彦院長にうかがった。 あいしくらぶあいしくらぶあいしくらぶ
あいしくらぶあいしくらぶあいしくらぶ